--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.08.15 ナンヤカンヤ





オリンピック終わりましたねぇ~。




ナンヤカンヤとありまして、
実はほぼオリンピックを観られてマセン!
ごめんなさぁ~い!

でも、オリンピック後の特集される
『スポーツメーカーのオリンピックにかける情熱!』
みたいな特集は好きでよく観ます。

かくし芸大会よりも、そこに至るまでの努力を
特集した番組の方がやっぱり好きだったりする。

あれらしいですよ、
日本人は、結果より過程を大事にする文化らしいです。
ってことは、あたしもしっかり日本人ネ~。
税金納めてますよぉ~。
ZENIZENI!



タイ


ナンヤカンヤとありまして。

ほんと、ナンヤカンヤとありました。


こんな書き方をすると、大人になったんだなと実感します。

つまり、言えないこともあるってこと(笑)

悪いことではないですからっ!!
ね~。



学生時代は、腹を割って話すこと事こそ【親友】の定義
だと思っていたし、大人になってそのすり合わせに
戸惑ったりもしたなぁ。

でも社会に出るようになって、みんな色んな環境で育って
色んな価値観をもって、自分と同じような考え方の人もいれば
そうでない人もいる。

文字にすると当たり前なんだけど、
そういう個々が集まって社会が出来てるんだと実感させられる。
大きい社会も、小さい社会もみんな。

腹を割ると、自分はスッキリするけど
果たして相手はどうなのか。

「自分に腹を割ってくれてうれしいな」
と、思う人もいるだろうし
「何でそんな面倒なこと私に言うの?」
と、なる人もいる。

自分の意図しない捉えられ方をすることもある。

実際、私にも親友はいるし
全員が全員に腹を割ってるわけではない。
でも、友達だし、私は親友だと思ってる
(相手はどう思ってるとか、確認してことないしね)
年齢も、性別も関係ない。



今回は、そんな【親友】と呼んでいる、あくまで私が勝手に
呼んでいる人たちに沢山助けられたナンヤカンヤでした。

年上の方もおります。
同い年も、下は小学校5年生まで(笑)
逢ったり、メールが来たり。
心がつながってると実感するだけで、ほんと生きていける。
大げさだけど、私には大切。

お陰様で、ナンヤカンヤと終わりまして
オリンピックの話題についていこうという雰囲気を
見せながら、やっぱりLIVEで観ていた人達の
熱気に圧されて、ちょっと身を引いています(笑)

あっ!
でも、開会式は観たから!!
ハリーポッター好きだから!!
L・K・ローリング出てきた時には声を上げたから!!
ヒャッハァーーーーーーーーーー!!




残暑厳しい中、氷枕を毎日使って安眠しています!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。