--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03.19 いい時間を過ごした日
先日、劇団四季の『オペラ座の怪人』を見てきたぁ~。

入り口


カリフォルニアドリーミンで一緒の相馬君がチケット余ってるって事で
とってもグットタイミング♪(* ̄ー ̄)v
↓ちょっとかっこよくしてみた(笑)
相馬君



私がオペラ座の怪人を初めて見たのは、京都劇場の杮落としの時。
確か寒い時期だったなぁ。

初めて見たオペラ座の怪人はあまりに衝撃的で。
衝撃的すぎでした。

完璧までに完成された舞台。

舞台のセットの素晴らしさ
暗転の短さ
その短い暗転の中での大掛かりなセット変え
役者の素晴らしさ
生の音の迫力
歌唱力
表現力

全てに不安になるところはなく、ただ物語りに集中出来る。

これってかなり凄いことで、
お客さんというのは、とてもナイーブに舞台を見ているものだから
少しでもとちったりすると、途端に見る為の集中が切れてしまう。


だからだろうか・・・

私はこの物語が大好きだ。
ただ、ただ切ない。
初めて見たときも、劇場から出ても涙が止まらなかったのを覚えている
そして、また今回も。
胸がぎゅっと締め付けられる。
あぁ~~~、人を好きになるって楽しく辛いものです。
きゅんきゅんする~ヘ(´o`)ヘ
機会があれば是非にっ!!


帰りの相馬君と私の顔は満足満足の笑顔満開でした(笑)
セキヤマを探せ
↑劇場のロビーにて
 さぁ、私は何処にいるでしょう??
 あはは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。