2008.06.02 本末転倒の靴屋探訪。
USEDショップでショートブーツを買う。
もうすぐ夏だけどめっちゃ気に入った買う。


ウキウキで買い、るんるんで履いたら・・
「めっちゃ滑るっ!!」

ブーツを裏返してみると、前の持ち主が長くはいていたか
裏の滑り止めがツルツルで、ヒビが入っている。
あぁ~~ちゃんと見て買わなかった私、バカ。

でも、靴なんて本当に気に入ったものでないと買う気に
ならないから、これは運命の出会いだったんです!

と思い、いつもお世話になっている靴屋さんに修理を依頼。
ピンク
↑ネイルしました。一番お気に入りかも。

一度靴屋さんに行って修理をお願いした所「即日は無理」
と言われ、しかも・・・

「こりゃ、靴底全部を張り替えないとだめですねぇ~
張替えすると1週間はかかりますよ、値段もはりますし・・・」


と、店員さん。
その日にサクッと修理完了をイメージしていたからガックリ。
修理代も、購入代より高くつく。
ガーーーン。本末転倒。あらら。

でも、この出会いを大事にしたいから諦めきれず
次の日修理をお願いしに、お店に再来。


『あっ、昨日いらした方ですよね!覚えてますよぉ~。
このブーツ可愛いですよねぇ~。このショートブーツは1970年代
のアメリカで流行ったもので・・・・・』


と、私のブーツを見たとたんに職人の顔に満面の笑みを浮かべ
愛しくブーツについて熱く語ってくれた。
なんて素敵な笑顔なんだろぉ。
本当に自分の仕事が好きで、靴が好きなんだぁ。

「この人に修理をお願いしよう」

約一週間で修理が出来るとの事。

が。

先日店から電話があり、どうやら靴底以外にも修理すべきところが
あったらしく・・・

『このブーツどうしても可愛いんで、値段はそのままでいいので
完璧に修理させてくださいっ!!』


との事。

こんなにブーツの事を愛してくれるこの店員さんが嬉しくて、
いつの仕上がりになってもいいからと、さらに修理をお願い。

ブーツがくれた素敵な出会いに感謝!
ありがとう。

ってか、どんだけ修理しなきゃならんのだΣ(|||▽||| )