2009.08.20 不甲斐ない
自分が予想以上に人に想われている事に気付いた日。



「がんばれよ」


その一言が嬉しくて。

何て優しい響きなんだ。
と、同時に襲ってくる自分の不甲斐なさへの憎しみ。

一人でやってるんじゃない。

知らない所でみんなが私を助けてくれていた。

それなのに、何だか自分の力だったみたいに。


不甲斐ない
不甲斐ない
不甲斐ない


未熟な私が知らない間に頂いた恩に、
どうしたらお返しが出来ますか?

その暖かい気持ちにそぐいたくはありません。


私、どうしたらいいですか?

私、どうなればいいですか?